ひろゆき発言ログ

2ちゃんねるの開設者である西村博之氏が過去に答えた質問や持論を書き起こし

【ひろゆきQ&A】ライターが生き残るには?

 

f:id:hiroyukilog:20190105235750p:plain

 

(質問者):ライターが生き残るには何をするべきだと思いますか?また、ひろゆきさんに取材を申し込んだら受けてくれますか?

 

 

(ひろゆき)

じゃあ、例えば僕が取材を受けたいと思う理由は何だと思いますか?これ僕じゃなくてもいいんだけど。要は、取材対象が誰かって言うと実は重要ではなくて、出版社なりなんなりからお金もらうからライターなんですよ。出版社関係なく本書ける人って作家なんで。

そうすると出版社の人が、なぜ(どういう条件で)あなたに発注したいと思いますか?

①連絡が取りやすい
②すげえすぐ記事上げてくる
③イケメン・美女
④書いてる文章が面白い→これ一番(優先度)最後です。
 
 世の中にいろんな文章ありますよ。ライターが書いてるもの。でも「これめちゃくちゃ面白いわ!」と思った文章って、何パーセントの確率であります?で、実際問題雑誌とかでもいろんな文章ってありますけど、めちゃくちゃ面白い文章なんて、ほぼないんですよ。その人の特徴とか、個性とか、ライターさんの能力が出てるようなものは。大抵やっつけ仕事なんですよ。誰が聞いても同じような話で、それなりにまとまってればいいんですよ。で出版社としては、それなりにまとまってくれればいいので、さっさと上げてくる奴っていうのが美味しいんですよ。あと単価の安い奴ね。で、同じ仕事するんだったら、イケメンと仕事した方がいいとか、美女と仕事した方がいいっていう人もいるんですよ。なので、ライターっていうと文章力、みたいなのっていうのを割とみんな思いがちなんですけど、それ一番最後です。なので、発注者が、何を基準にものを決めてるか?っていうところで、考えた方がいいんじゃないでしょうか?

 

 僕がインタビューを受けるかどうかは、出版社が仕事を振るかどうかとは関係ないです。出版社っていうのは、(例えば)週間SPA!に対して、仕事を取りたいと思ったら、ほぼほぼもうコーナーがが決まってるんですよ。で、そしたらこのコーナーでこういう特集記事やりたいから、お前書いて来いっていうのが、その週間SPA!の仕事なわけじゃないですか。なので、僕からインタビュー取るかどうかじゃないんですよ。その企画に合わせた記事を書けるかどうかなんですよ。なので、ちょっと持つ視点の場所が違うんじゃないでしょうか。

 

元動画:

【ひろゆき】Fischer Tradition を飲むよ。 2018/08/16【早朝?】 - YouTube

 

スポンサーリンク