ひろゆき発言ログ

2ちゃんねるの開設者である西村博之氏が過去に答えた質問や持論を書き起こし

ひろゆき「家でゴロゴロすることの何が悪いの?」

f:id:hiroyukilog:20181215053820p:plain

 

(ひろゆき)家でゴロゴロするのは悪いことであるっていう風潮って、多分昭和の風潮だと思うんですよね。

 

昭和って、家が狭くて子だくさんだったんですよ。今って一人っ子とか、せいぜい2人で、3人、4人子供を産むって滅多にないんですけど、昭和の時代って割と3人、4人家族(子持ち?)当たり前で、個人部屋って基本なかったんですよ。本当に玄関開けたら部屋みたいなところに、3~4人で住んでるみたいなのが、割と昭和の時代は当たり前だったんで、子供はさっさと家出て欲しかったんですよ。日中遊びに行くだったりとか。なので家の中にいない方がいいっていうのが割とあったんですけど。今の時代個人部屋あるんで、別に家にいちゃいけないっていう価値観(持つ必要)特にないと思うんですよね。

 

 あとね、休むことが良くないみたいなのがあるんですけど。今フランス(ひろゆき氏はフランス在住)はバカンスシーズンでして、だいたいこの2ヶ月ぐらいの間、お店とか役所とかほとんどちゃんと動かないですね。フランスってだいたい有給この期間に2~3週間取れるんですよ。なので、3週間休みですみたいな人がザラにいて、なので担当者が9月まで帰ってきません、みたいなのザラなんですよ。何かやったとしても、9月まで帰ってこないし、9月までみんな帰ってこないのが分かってるから、この期間はまともに仕事しないってのが割と決まってるんですよ。

 

 フランスの人はそんな休んでばかりでなんなの?みたいな話になるんですけど、フランス人は1年間のこの2~3週間のバカンスのために生きてるんだと。「俺は仕事のために生きてるんじゃなくて、バカンスのために生きてるから、バカンスがないんだったら仕事もしない」っていう。あくまで何のために生きてるかが(で)、日本人って仕事のやりがいとか、仕事をすること自体に自分の価値みたいところをリンクさせる人が多いんですけど、フランスの人たちは休むのが当たり前。休んでだらだらするのが僕の人生なので、それを維持するためにお金が必要だから仕方なく働いてますって言うので、働くことっていうのを基本的に良い事ってとらえてない人も結構多いんですよね。キリスト教の価値観で、働くというのは基本的にはその罪を償うためにやる行動で、労働というのはその尊いという日本的な価値観とは逆で、労働というのは「罰」であるみたいな価値観がちょっとどっかにあったりもするんですよね。


(中略)

 

 あと、フランス人ってその超絶金持ちが異常に多いので、例えばパリだと普通にアパート住んでる老人とかで、高齢者なんですけどそのアパートの価値がめちゃくちゃ上がっちゃってるんで、資産だけで数億円ですみたいな人がゴロゴロ転がってるんで、働かないのが当たり前だよねっていう人たちがいっぱいいて、年金ももらえるのが当たり前っていう社会なので、割と社会主義的な感じがあって、リタイアすると、月に大体に2~30万円ぐらい何もしなくてもらえるのが当たり前ってみんな思ってるので、「いかに働けないような状態になるか」っていうところに主眼を置いてる人たちが多いので。働かないゴールにさっさと行こうと。で、年取って年金もらえるようになると、働かなくていいっていう。っていう感じを皆さん目指しているので、あまりその働くのがいいことで、働かないのが良くないみたいにあんまりならないみたいですね 。

 

元動画:

【ひろゆき】個人的に楽しくなるにはどうすればいいか会議。#4 - YouTube

スポンサーリンク